Amazonギフト券は自分用として使いますが、電子ギフトは贈り物として活用します。

クレジットで決済をする人

Amazonギフト券との違い

Amazonギフト券と電子ギフトは何が違う?

 

Amazonギフト券との違いは、電子ギフトの活用範囲がAmazonでのショッピングに限定されるか、幅広いジャンルのポイントから選んで交換できるかです。
活用範囲のほかは、Cocozo(ココゾ)の電子ギフトとAmazonギフト券は共通点が非常に多いです。

 

ネット通販やディスカウントストアが増えたことで、従来の定番だった百貨店などの商品券は、お得に使えないことから受け取っても嬉しくない人が増加していきます。
昨今は都心を中心に車を持たない若者が増えていて、店頭で買い物をすること自体を嫌がる人が増えています。

 

こうした問題点を解決できることで普及したのがAmazonギフト券です。
豊富な品揃えと、送料を含めて店舗で買うよりも安い価格設定から、日用品や趣向品など幅広いジャンルでお得に買い物をできるAmazonギフト券は、貰って嬉しいギフト券の代表的存在です。
しかし、一部ではネット通販を嫌がる人もいて、Amazonギフト券をもらっても業者に売ったり、身近な人に譲ってしまう問題点がありました。
そこで、ネット通販派や店頭派、旅行好きなど幅広い人に満足できるツールとして普及したのがCocozoのようなセレクト型の電子ギフトです。

 

 

Amazonギフト券は自分で利用する目的で買う人もいる

 

 

Amazonギフト券は、「ギフト」の名称を使っていますが、自分で利用するユーザーも対象にしたサービスを用意しています。
贈り物ではなく自己利用によるAmazonギフト券の活用方法をまとめました。

 

クレジットカードを持っていない(使いたくない)

クレジットカードや代引、振込など注文後に行う決済を嫌って、現金でAmazonギフト券を買ってネット通販を楽しむ方がいます。
Amazonギフト券はコンビニやスーパーなどで手軽に購入できます。

 

お得に買い物する

キャンペーンを活用すればAmazonギフト券を買うだけで、Amazonのポイントが付与されます。
商品を直接カード払いで買うよりも、一度Amazonギフト券を買って商品購入した方がお得に利用できるケースがあります。

 

Amazonギフト券はチャージタイプを利用すれば1円単位の購入が可能です。
Cocozoをはじめとした電子ギフトも、発券しないタイプなら1円単位の設定が可能ですが、電子マネーなど一部の商品は等価交換できないので、端数のないキリが良い数字にしないと、賢く交換できません。
そのため、電子ギフトは500円や1,000単位のみ扱うケースが多いです。

 

クレジットカード現金化目的

Amazonギフト券を利用してクレジットカード現金化を行う手段も

 

昨今流行しているのが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する目的でAmazonギフト券をカード決済で購入して、業者などに即売却して資金調達する行為です。
クレジットカードの利用規約では資金調達目的の利用を禁止していますが、商品券や新幹線の回数券など他の換金性の高いチケット・ギフト券に比べて多額のカード決済してもバレにくいことで普及しました。
従来のクレジットカード現金化はチケットショップや質屋に足を運ぶ必要がありましたが、Eメールタイプを活用すれば来店不要で即買取してもらえます。
電子ギフトの利便性が生んだ新しい資金調達法ですが、カード会社にバレるとクレジットカードが強制解約になってブラック扱いを受けるので注意しましょう。