電子ギフトは贈り物として活用しますが、電子マネーは自分で使うことを目的とします。

クレジットで決済をする人

そもそも電子ギフトとは?電子マネーとどう違う?

一般的によく使われる電子マネー

 

電子ギフトとは、店頭で現物支払いをする商品券などとは違い、コードなどの情報をメール送信可能かつオンラインサービスでの利用も可能なギフトです。
ネット通販と電子マネーなどのキャッシュレス決済の需要が高まったことで普及しました。
電子マネーは基本的に送金やネット決済は不可で、店頭で現金を使わずに決済できるものです。
Cocozoの電子ギフトは電子マネーへの交換ができますが、贈り物として使うツールなので電子ギフトに分類されます。
電子マネーと電子ギフトの違いをまとめました。

 

 

電子ギフトは事前精算限定

 

電子マネーは事前チャージとカード払いなどの後払いおよび自動チャージの2種類があります。
基本概念が自分自身で使うものなので、都合の良い方法で支払い方法を選択できます。(電子マネーによっては事前チャージ限定)
事前チャージの方が使いすぎを防止できるメリットがありますが、カード払いによる後払いや自動チェージはクレジットカードのポイントが貯まるのでお得です。

 

電子ギフトは、贈り物専用なので後払いの概念がありません。
購入時にはカード決済などを選択できますが、送る金額を指定するので使い手の利用状況で請求が変わることはありません。

 

電子ギフトはメールやメッセージの送信が可能

電子ギフトで送られてくるメール

電子ギフトはコード番号などをメールやチャットで送信して、利用するサービスに反映させる方法があります。
つまり、会ったり郵送を利用したりしなくても渡せるのが従来のギフト券や電子マネーとの違いです。

 

電子マネーは事前チャージのプリペイドカード、クレジットカード連動のキャッシュレス決済および携帯・スマホを活用したコード支払いなどがあります。
事前チャージ式のカードタイプによる電子マネーを発行して直接渡すことはできますが、メール送信などで利用することはできません。
電子ギフトとしてメールなどで送りたい場合は、Cocozoなどの電子ギフトを利用する方法で解決できます。

 

 

電子送金サービスとの違い

 

LINEPayをはじめ、電子送金できるサービスが普及しています。
電子送金機能は、銀行を使わずに指定した相手に送金ができて、受け取った電子送金分を銀行で現金引き出しすることもできます。
電子送金は、電子ギフトに近い特性を持っていますが、あくまでも現金振込の代替サービスです。
手数料無料で利用できるサービスもありますが、個人間の送金は銀行振込による事前チャージが必須で、クレジットカード払いができないデメリットがあります。

 

立て替えてもらったお金を払ったり、飲食店での割り勘払いにしたり便利なサービスですが、贈り物としての利用には向いていません。
電子ギフトは電子マネーなど現金に近い特性があるものの、商品券やAmazonギフト券などへの交換プランも用意することでギフトの特性を出しています。

 

 

 

まとめ

 

~電子ギフトの特徴~

 

  • 自分で使うのではなく贈り物として活用する
  • メールやチャットでの送信、オンラインサービスでの利用ができる
  • 発券タイプや店頭利用など、従来のギフト券や商品券に近い機能を持っている電子ギフトもある
  • 一部で手数料を取られる

 

~電子マネーの特徴~

 

  • 自分で使うことが目的
  • 事前チャージ、クレジットカード払いなど豊富な決済方法がある
  • 送金はできない
  • チャージや利用でポイントが貯まるなど、現金よりもお得になるケースがある
  • 店頭で小銭のやり取りが不要になるのが最大のメリット

 

~電子送金の特徴~

 

  • 送金時は銀行振込などチャージ方法が限定される
  • 現金に近く、銀行振込の代替手段で活用される(贈り物としての活用は失礼)