治安の良さ、現金主義、国の取り組みの遅れがキャッシュレスが浸透しない理由です。

クレジットで決済をする人

日本にキャッシュレスが浸透しない理由

現金で買い物をする人

 

日本は世界の先進国の中でもキャッシュレス化が遅れています。
クレジットカード発行枚数は高い水準にあるものの、アクティブに活用する人が少なく、店頭決済は主に現金を使う方が未だに多いです。
日本が世界に比べてキャッシュレスが浸透しないのは以下の理由があります。

 

  • 治安が良いので現金を持ち歩く危機感を持っていない
  • 後払い決済を嫌がる堅実的な性格
  • 国が主導してキャッシュレス化を進めてこなかった
  • ATMが身近にあり手軽に現金の入出金が利用できる

 

日本のキャッシュレス化が遅れている理由を海外との違いを見ながら紹介していきます。

 

 

海外は現金を狙った犯罪が多い

現金を狙った犯罪の少なさがキャッシュレス浸透に影響か

 

日本でも一部で詐欺、恐喝、ひったくり、置き引き、強盗などの犯罪がありますが、海外に比べて圧倒的に少ないです。
現金を持ち歩き、店舗で管理することに危機感を持っていないのに対して、海外は先進国でも現金の持ち歩きは危険な行為として認識されています。

 

クレジットカードをはじめ、キャッシュレスは盗まれても暗証番号などで不正利用されにくいことに加えて、ショッピング保険が付いているので安全です。
日本人はキャッシュレス決済の保全措置を理解していても、一部の不正利用ニュースの印象が強く残り、現金払いよりも危険な決済方法だと思っている方が多いです。
治安の良さは日本が世界に誇るポジティブポイントですが、キャッシュレス化の進行を遅らせる大きな要因になっています。

 

 

堅実な日本人の性格

 

Amazon、楽天、YAHOOの3大ECサイトを筆頭に、店頭利用よりも安く買えるネット通販が普及しています。
格安SIMやプロバイダ、一部の月額制サービスなどでカード決済しか対応しないサービスも登場したことで、クレジットカードは社会人の必須アイテムとして認識されました。

 

携帯代、光熱費などの各種支払いや通販でのショッピングは利用するけど、店頭では現金を活用する方が多いです。
日本は貯金大国とも言われていて、将来のことを考えた堅実な性格の人が多いです。
後払いでリボ払いの誘惑もあるクレジットカードの利用は極力避けようとする方が多く、貯金せずに今を楽しむ人が多い外国人と性格が違うことも関係しています。

 

 

海外のキャッシュレス先進国は国が主導しているケースも

 

隣国の韓国では、クレジットカード決済で所得控除と宝くじの抽選を受けられる取り組みを行い、世界屈指のキャッシュレス先進国になりました。
日本は人口密度が高く、コンビニATMなど身近な場所で現金の入出金ができます。

 

治安の良さやインフラ整備が進んでいることもキャッシュレス化が遅れている要因ですが、条件が近い韓国は大胆な政策でキャッシュレス化を進めました。
日本でも、2019年10月の消費税増税と同時に財源を投入したクレジットカードの還元率を高める政策を議論しています。
海外に比べて対応が遅れていますが、今後は日本も国策でキャッシュレス化を進めようとしています。

 

最近のキャッシュレス事情についてはコチラ→完全キャッシュレス導入の店