第二弾ではYAHOO!JAPANカードは1%のポイントが還元されるので、実質20%の還元となります。

クレジットで決済をする人

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」

 

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」とは、最大20%の還元および抽選による追加のポイント還元を行う大規模キャンペーンです。
コード支払いのトップシェアを獲得する目的で、2018年12月4日より開始した第一弾が大きな話題になりました。

 

第1弾は、当初は約4ヶ月の期間設定していたにも関わらず、わずか10日で終了
PayPayの運営母体で優待特典を用意していたソフトバンクの通信障害、アカウントの悪用、抽選目的の不正利用など大きな課題を残しました。
その後はシステムや利用方法を改善して、2019年2月12日より、第二弾の「100億円あげちゃうキャンペーン」をスタートさせました。

 

 

キャンペーンの概要

 

~第1弾~

 

開催期間:2018年12月4日~2019年3月31日(予算終了につき12月13日に終了)

 

基本還元率
一律20%

 

追加還元
抽選で40回に1回の確率で全額(10万円相当まで)還元
Yahoo!プレミアム会員なら確率が20回に1回
ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら10回に1回に

 

~第二弾~

 

開催期間:2019年2月12日~2019年5月31日

 

基本還元率
PayPay残高、YAHOOマネー:20%
YAHOO!JAPANカード:19%
その他のクレジットカード:10%
※1回の付与上限1,000円、期間中の合計還元50,000円が上限

 

追加還元
10回に1回の確率で最大1,000円戻ってくる
YAHOO!プレミアム会員なら5回に1回

 

 

クレジットカードのポイントは別に付与

クレジットカードのポイントももらえる!

 

PayPayはクレジットカード払いや銀行振込など複数のチャージ、入金に対応しています。
クレジットカードを使った場合、PayPayのポイント還元と重複してカードの契約条件に応じたポイント付与が行われます。
第二弾の場合、YAHOO!JAPANカードは1%のポイント還元なので、実質20%の還元を受けられます。
その他のクレジットカードは還元率が下がりますが、クレジットカードのポイント還元率に応じて、実質10.5~12.0%前後になります。

 

 

第一弾の問題点

 

第一弾は以下の問題点がありました。

 

・ソフトバンクの通信障害
ソフトバンクユーザーの特典が大きかったことや、PayPayの運営母体がソフトバンクで同社のサーバーを使っていたことから、キャンペーン開始直後に利用者が殺到して長時間の通信障害が発生しました。
スマホが生活やビジネスの必需品になった現代では通信障害をキッカケにソフトバンクユーザー離れが起こりました。

 

・抽選目的の不正キャンセル
一定確率で10万円戻ってくることから、当たるまでカード決済をキャンセルする不正の高額還元が相次いだことも、わずか10日で終了した要因です。
結果的に決済のキャンセルを繰り返したユーザーは当選分のポイント還元がキャンセルされる事態になりました。
第二弾を開催できたのはキャンセルされた還元分が大きかったことも関係しています。

 

・クレジットカードの不正利用
クレジットカードのセキュリティコード入力の回数制限がなかったため、ランダムに入力してセキュリティコード認証を突破する詐欺が多発しました。
電話番号などの個人情報でログインできたため、決済利用者ではなくPayPayユーザー全員が被害に遭うリスクを持っていたことも問題視されました。
その後はシステム改善、上限利用額の設定、カード会社のWebマイページログインによる本人認証で対策を取っています。

 

 

PayPayなどのキャッシュレス決済が大規模キャンペーンを打ち出す理由

 

PayPayのほかにもLINEPayが条件付きで20%還元を行うなど、運営会社が大赤字になる大規模キャンペーンが相次いでいます。
広がるキャッシュレス化とスマホの普及でコード支払いによる電子決済は、今後クレジットカードのシェアを大きく奪うことが期待されています。
クレジットカード会社最大手の三井住友カードの場合2017年度の会員数は2,800万人以上、取扱高は約13兆7,560億円です。

 

平均4%の決済手数料を取っていた場合、年間5,500億円の手数料収入を得ていることになります。
キャッシュレス市場は今後大きく拡大する可能性があり、シェアを獲得すれば毎年継続して大きな手数料収入を得られるため、資金力がある大手は大胆な戦略を取っています。

 

キャッシュレスのメリットについてはコチラ→キャッシュレスが生み出す効果